ザ・スズナリ 東京成人演劇部vol.2 『命、ギガ長スW(ダブル)』[長ス組]三宅弘城×ともさかりえ

 あの、「混ざる」の中にはマザーが入ってるんだよねと、恐る恐る言ってみるのは、駄洒落としてもあんまりやんという自分の心のブレーキが働いちゃうからだ。でも、松尾スズキはぶれないよ。突っ走る。そして、やりきる。

 照明がつくと、背中の曲がった痩せた老婆(エイコ=ともさかりえ)が居て、盛んに傍らの「何か」に「何か」をかけている。無対象だ。柄杓もなく、水もなく、墓もないが、それが息子の墓のように語る。しかし、その当の息子オサム(三宅弘城)が登場する。二人は「カメラ」に向かって意識しながらやり取りする。50代のニートの息子と、80代の母が、「8050問題」の渦中の人間として、ドキュメンタリー作家志望の女子大生(アサダ=ともさか二役)の素材になっているのだ。職を世話するオガワさんに連絡してくれるよう、息子に頼む母。喋る合間に音が口から洩れる。いるよね、そんな人。そしてそんな人をやりきるともさかりえ三宅弘城も未婚の50代をしっかりやる。しかし、それは誰に向かってか?その上、この芝居は、「そこじゃない」。大事なのは「混ざる」こと、「在ることと在らざること」が平気で並列され、オサムは生きててそして死んでおり、エイコは母で娘で他人で血縁で、水をかけるのは炊飯器で墓石で無対象で、キシ教授(三宅弘城二役)は実はオサムかもしれず、アサダはエイコでエイコではない。ジャージの紐が一見輪を作るように、カメラ(眼差し)の正面の「何か」は混ざって移り変わってゆく。なんか剛速球で理詰めの球を投げられてる、「ある、なし」「手を離す」件の余情とかが薄い。シャンパンと炊き立てご飯のように、強引に、有無を言わさず全てが混ざる。結局、確かなのは今私たちが、目の前で幻のような「何か」を見ていること、え、能みたいじゃん。能か!それならちょっと、マボロシの眩暈が要るねー。

新国立劇場小劇場 『ライフ・イン・ザ・シアター』

 舞台の手前側に役者の化粧台が2つ設えられ、その後ろにプロセニアムアーチ、フットライトに照らされた舞台が背中合わせに見えている。額縁によって切り抜かれた空間は、「虚無」にも「宇宙」にも「鏡」にも見立てられそうだ。お芝居って、じつは「無い」虚空のもの、でありながらそれぞれの空間でそれぞれの「おはなし」を実際に生きる、同時に存在する「多元宇宙」である。その上舞台は現実を映す鏡だ。してみると年配の役者ロバート(勝村政信)と、若い役者ジョン(高杉真宙)の演じる「芝居」はロバートとジョンに生きられた「現実」であり、語られるセリフは実際に二人の心を表わしている。――っていうことだとすると、ロバートがジョンに言う「声は音だ!/あらゆる現象のプリンスだ。」は、勝村政信高杉真宙に云っていると思えもするね。でもさ、最初の方、「あなたは最高でした」、声が割れてるよね。ただ割れているの?それとも声について言われる前だから、タッチをつけている?判然としない。はっきりね。私の中では、割れてるのは評価低いよ。幕開き直後に荒い息をしているのも、どうかなあ。意味が解らん。初心な若者から、売れっ子の役者になるまでを、もっとクレッシェンドつけないと。どんどん肩の力を抜いてゆく。勝村政信トミー・リー・ジョーンズが置き去りを志願する老人宇宙飛行士をやっていたのを思い出した。あれ、本当に老年の人がやってたら、「見るに忍びない」よね。勝村はまだかっこよくて身体も利く。ってことはディクレッシェンド、微かな老年を「演じる」ことが必要じゃないの。美術がキマっていて、客席をも巻き込みながら「虚」と「実」が展開する。勝村は大体あんしん、高杉も健闘している。しかし、やり取りを鋭く突き詰めてほしい。「嫉妬」と「羨望」が、逆転しなくちゃ。

新橋演舞場 『陰陽師 生成り姫』

 うわ、喉ひらいてる、と三宅健の底力に恐れ入る。一年たったら進歩しているのである。三宅は安倍晴明という吉凶を読み、陰陽を見極め、境界の不確かな不可思議の世界に生きる陰陽師を演じる。冷静沈着な晴明だ。この役は3幕まで「しどころ」がない。1幕と2幕、事と次第の目撃者として辛抱する。その間、徳子姫(音月桂)を巡る話を進め、鼎の足のようになって芝居を支えるのは、彼の親友で笛の名手源博雅(林翔太)、薄情でのうてんきな貴族藤原済時姜暢雄)、その妻徳子姫の召使い火丸(佐藤祐基)である。あんたがた!もっとぱりっとやらんと!3人とも最初の台詞たいせつ!博雅と徳子姫のファーストシーンのやり取りが、おおげさでつらい。「想ってる」っていう一事があれば、こんな荘重な感じにはならんはず。済時、もっと腰軽くやる。まず身体から。火丸、「身分が下」、そしてやっぱり「想ってる」が要るよ。綾子姫(太田夢莉)、声をがさがささせて演じ、「フラグが立ちまくり」だが、その憎々しさだけじゃ芝居がもたず、退屈。少し音量落として憎らしさを緩急工夫してほしい。全体にこの芝居、やり取りに繊細さが足らん。音月桂、がんばったねぇ。成長した。琵琶を尋ねて綾子のもとに現れる時、衣装に気を付ける。なんか奇妙に見える。三宅健、喉ひらいたけど、声質もう少しよくして。まだ音が少しつぶれる。一番よかった台詞は「おや」というやつ、ぼーっとしていて心の綺麗な博雅を芯から好いていて、此岸と彼岸の間で「俺を喰らえ」という所は、ほんのわずかな一瞬、ぱっと血が出るように鋭利じゃないと。3幕、全体を見とおした台詞ごとの演技プランが足りない。その場の感触は大切だけど、それも細かい検討があってこそさ。身体能力の高い精霊たち(アンサンブル)がとてもいい。1幕初め、小さな豆電球が顔を照らしているところ、「螢…」と胸がほっこりした。

埼玉県富士見市文化会館キラリ☆ふじみ 『群盗』

 群盗=奪う人たち、と、すぐ思ったんだけれど、それでいいかどうかあやふやな気持ち。だってねー、台詞が聴こえなくって、芝居のサイズがみんなちがうんだもん。

 モール伯爵(鍛冶直人)の長男カール(小出恵介)は弟フランツ(新里宏太)の奸計に遭い、すべてを捨てて盗賊団の首領となる。カールの恋人アマーリア(池田朱那)はフランツに言い寄られるが、死んだと聞かされたカールのことが忘れられない。カールは彼女と再び会うために、変装して屋敷を訪れる。カールは父、恋人との絆(その絆がそもそもカールを奪い、縛っているともいえる)を消され、「自分」を奪われてしまう。残りの社会的な部分も盗賊団に身を投じることで「奪われる」。奪われつくしたのち、立ちあがってくるものは何か。「命を奪い」、奪い返したものを、彼は「公」にゆだねる。それが「自分」なのだ。って話かなあ。屋敷は凍るような冷たい場所として描かれ(家父長制の舞台?)愛が(愛のみが)その場所を暖めることができる。

 小出恵介、心の石の扉が、やっと30センチくらい開いたね。フランツの手紙を読んで暗くなるところすばらしい、ボーリングの球が胃の腑まで落ちる顔するけれど、アマーリエの件と赤ん坊の件も、そして子供になりたいというとこ、劫罰のとこ、同じように(違ったサイズの球で)表現しなくちゃだめ。大きく、はっきり台詞言う。こどもになれー。フランツ、一生懸命やっていて、この芝居を成立させるには最適の演技だが、将来的に言うとこれゼロだ。声が小さく、芝居しすぎる。皆もっとフラットに大らかに舞台に立てないと。アマーリエ、フランツを拒否するところからよくなり、胸の真ん中から言葉が出ている。ただ、声が小さい。上杉潤、一番ちゃんと台詞言えてる。パンフで後姿の伊藤武雄、いいの?顔忘れちゃうけど?

東京建物ブリリアホール モボ・モガ プロデュース ミュージカル・コメディ『恋のすべて』

 スウィングしなよ!ミュージカル俳優でない役者がキャスティングされ、それなりに上手くはあるけど決して安定した歌唱ではない歌を歌うのに、何故ミュージカル俳優のようにやらなくちゃと思うのか。へん。この音楽劇で求められているのは、コニーアイランド遊園地の原始的コーヒーカップのハンドルをぐるぐる回して振り落されそうな、スピードの出た木製のジェットコースターがレールから外れそうな、勢い、「スウィング」でしょ。歌なんか上手くなくていい、勢いだ。

 作中、優れている歌は「スウィングしなけりゃやってらんねえ」ってとこで、歌う富豪のカミラ(北村岳子)も素晴らしい。「金」を渇望し、「金」にとりつかれ、「金」に幻滅するアメリカの悲哀(『グレート・ギャツビー』)、そんなもん、「スウィングしなけりゃやってらんねえ」じゃん。レールからどうしても外れられず苦しむコニー(花乃まりあ)とカミラの息子テディ(松田凌)を、何とかして引き離そうとコニーの父で大会社の社長のクラーク(羽場裕一)は一計を案じ、探偵のニック(稲垣吾郎)に娘と恋をするよう依頼する。これさ、ここんとこに無理があるからひやひやするよね、結婚させたらいいよと思っちゃいがち。「金」の中で苦しんだり笑ったり力尽きたり再起したりする人々を、「語り手のニック」のようにこのニックも見守る。稲垣吾郎、『グレート・ギャツビー』読んだのか。稲垣の歌も芝居も、「稲垣吾郎」として完成していて、味はあるし罠にはめたことを後悔するところがほんとお人柄で清らか。でもスウィングがない。花乃まりあ、危なげない歌唱と芝居だけど、うわーと叫ぶところは野生でいいよ。逸脱。企みがないと。松田凌、舞台中央から下手まで、ずっとポケットに手を突っ込んでるの不自然。て、今頃言われてちゃダメ。石田ニコル、まず声まっすぐ出す。

紀伊國屋ホール パルコ・プロデュース 『腹黒弁天町』

 「腹黒」弁天町、平成までも長生きする者をはじめ、みんな腹黒なんでしょう。なのに、骨がらみ肚(はら)のわからない芝居をしているのは、芸者小雪の伊勢佳世のみだ。主役の二人、財前涼太(福田悠太)と、山岡大介辰巳雄大)は、掘り下げが甘い。財前って、大学時代に女で失敗してるよね、女が信じられないのだ、小雪には「明治、大正、昭和に女であること」の絶望が匂うのに、財前には絶望がない。例えば太宰のことを考えてみて、何度も心中で生き残り、その絶望で文章成り立ってるじゃん。篠崎美智子先生(伊藤純奈)は「ストレイシープ」と呟くから、あの、美禰子の謎を受け止めきれない『三四郎』が山岡の影に居なくちゃだよ。福田も辰巳も非常に芝居が達者で寸劇が生き生きしている。だけどそんなの、なんでもない。二人とも芸能の世界に長く生きてきて、手足の冷える絶望も何度か味わっているんじゃないの。その気配が表現できなかったら、なんのためにした絶望だ。

一幕はどうなることかと思うけど、二幕になると俄然面白くなる。観客はみんな、面白かったわーと思って家に帰れる。「東京へ戻らなかった『坊ちゃん』の話」だ。長いものに巻かれ、利のある方に動く世の中と、若い者の芝居である。

 松村武の演出どうなのかなあ。巧い人がずらりと勢揃いしているのに、全部が有機的に「腹黒」へとつながらない。散発的な感じがする。寸劇だよー。

 小雪と財前の道行、結末は、紙縒り(こより)で作った人形が、水を注ぐとじんわり立ちあがってくるように顕れてほしかったよ。

 どの俳優も柄に適った役をキャスティングされていて、大変上手にやっている。けど、破れ目がない。ざんねん。

新橋演舞場 喜劇名作劇場 『恋ぶみ屋一葉 有頂天作家』

 上手と下手に貼りまぜの手稿、あるいは手紙のパネルがあり、上手のそれには「男だつたらどんなにかいいだらう」という血を吐くような筆文字が見える。一ミリ、また一ミリと世の中は変わり、すべて「男次第」だった女の境涯も、ほんの少し変わりつつある。面白い。

この作品に出てくる二人のヒロイン、文学を諦めて代筆屋と荒物屋を営む奈津(キムラ緑子)と、かつて吉原で芸者をしていた菊(渡辺えり)は一人の男を巡って恋敵であり、昔からの友人である。奈津は菊が生きていて、今東京にいることを、人気作家で菊の昔の恋人加賀美涼月(渡辺徹)に打ち明けられない。菊はそうとは知らず、自分の中に商才を発見し、生き生きと滞在の日々を過ごす。

 えーと、話としては、「昔」ってのは結局「昔」で、「今」や「ともに歳月を過ごした者」の方に価値がある、みたいな終わりになっていて、よかったね、大団円、に見えるのだが、実は違う。これ「男を卒業する」という、女二人の自己発見の物語なのだ。奈津は代書屋の看板を外し、樋口一葉の欲しがっていた簪を貰う。彼女はきっと作家になるのだろう。片や菊は日々もっと、さらに、「自分らしく」生きると決意する。

一葉の簪のくだりが、めっちゃひっかかる。一葉って峻嶮な高嶺のような文学者ですよ。そのほしかった簪を?男に?挿してもらう?ひっかかるわー。畏れ多いし。草助(影山拓也)声がいい。しかし、二度に分けて水を飲むとき、リアリティない。「渇き」感じてる?殴られる呼吸もだめさ。渡辺徹、後ろ向いてセリフいう時ききづらい。声大切に。それはキムラ緑子も同じ。二人のやり取りもっと仲よく喧嘩する。桃太郎(大和田美帆)後半集中欠く。台詞回しがきれぎれになってる。呼吸気を付けて。此花(瀬戸摩純)好演だが秋田弁立てる。春本由香、セット揺らしちゃダメだよー。